院内感染防止策について

当院では、新型コロナウィルス感染拡大予防のため、以下の対策を講じています
1. 3密対策
密集、密接、密閉を可能な限り回避すべく、リハビリ室での患者様同士の距離が適切になるよう、機器や人員を配置しています
※受付・会計窓口にはアクリルパーテーションを設置しています。
2. 消毒
診察室、待合室、リハビリ室、レントゲン室、骨密度検査室など院内全てにおいて、患者様がご利用になられた直後、さらに1時間おきに、機器や椅子の消毒を行なっています。
職員は、患者さまお一人へのご対応ごとに、石鹸で手洗いを行い、さらにアルコールにて手指消毒を徹底しています
3. 換気
院内は可能な限り窓を開放し、換気に努めています。
適所に空気清浄機を設置しています
4. 検温
患者様には院内入室時に非接触型の体温計を用い、検温のご協力をお願いしております。
スタッフも、始業前に検温を実施し、体調確認を行っております。