リハビリテーション

理学療法士とリハビリテーションを行います

 国家資格を有する理学療法士が、医師の指示のもと、患者様お一人ずつに合わせた運動プログラムを提案します。
 理学療法士によるリハビリテーションは、予約制となります。1回20分、週1~2回程度を基本とし、必要に応じ内容や回数は変更することがあります。
 また、機械振動と温熱作用により高い疼痛軽減効果を発揮するホットマグナー、水流により全身をマッサージするウォーターベッドなど、各種治療機器を用いて疼痛のコントロールと運動療法を同時に行うことで、患者様の身体の機能を高めます。

 平成28年5月より、動的ストレッチマシンホグレルを導入しました。
 従来の筋力トレーニング用のマシンとは違い、低負荷で自主的に上下肢を動かすことで、あらゆる動作の中心となる「肩甲骨」や「股関節」周囲の機能が改善します。
 筋力の弱い女性や高齢者も、安全に使用できます。

リハビリスタッフ紹介

理学療法士
丸山 拓朗 
「一般整形、スポーツ整形疾患に対するリハビリテーションを行っております。
主に、肩・肘を中心とした上肢障害、投球障害肩、股関節・膝関節疾患に対し根拠を持った最適な治療を心がけています。座間を含め県央地区の地域リハビリテーション、スポーツリハビリテーションに貢献できるよう努めてまいります。」
理学療法士
松浦 洸太 
「これまで、スポーツ障害、投球障害肩、肩・膝関節疾患を専門としてリハビリテーションに携わってきました。痛みなどでお困りでしたら、一緒に解決していきましょう。宜しくお願いします。」
理学療法士
原田 祐希 
「サッカーに携われる仕事がしたくて理学療法士を目指しました。
地域にお住いの方、スポーツで怪我をされてしまった方、多くの皆様を明るく楽しいリハビリでサポートしていきます。」